手相占いのやり方とは?意外と知らない歴史についても!

手相占いのやり方とは?意外と知らない歴史についても!

「占術」のやり方

手相占いのやり方は簡単で、基本的には手のひらに入っている線や肉付きを見て占われます。

右手と左手どちらを見るのかという点は流派によって異なり、指を組んだときに親指が上になる方の手をみるということもあれば、「右手はもともと持って生まれた才能」、「左手は今まで培ってきた現在の自分」を表すとする場合もあります。

後者の流派のやり方の場合は、左右の手相の善し悪しによって今まで自分が頑張ってきたのか、それともまだ伸びしろがあるのかなど判断することも可能です。

「占術」の歴史

手相占いの歴史はその古さも手伝ってか諸説ありますが、信憑性が高いとされているのがインドが発祥であるという説です。

遡ること紀元前3000年前、古代の人々は全身のシワと人間の運命との因果関係について研究を重ねていたといわれています。

日本には仏教とともに、平安時代に伝わりました。

その当時はまだ貴族や陰陽師など一部の限られた人間の間でのみ用いられていたものであり、庶民にまで普及したのは江戸時代後期以降です。

「占術」では何が占える?

手相占いでは性格や適している物事、経験など自分自身について占うことができます。

手相を見ることで、現在の健康状態や心理的な不安などを解決することも可能です。

今後大きな選択をどのタイミングで行うべきかといったことも手相占いの得意とするところで、たとえば結婚や出産、転職の時期などについて知ることができます。

手相は日々の積み重ねによって変わるものであるため、要所要所で占うことで鑑定内容も変化していくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました