上位存在との交信で未来を見通す!超越的な力を使う占術チャネリングとは

上位存在との交信で未来を見通す!超越的な力を使う占術チャネリングとは

チャネリングのやり方

神や天使、高次元生命体や宇宙人など人類を超える超越的存在との交信を通じて知り得た情報を用いて未来を見通す占術が「チャネリング」です。

チャネリングはいわゆる超能力に近い能力であり技術体系として学べる一般的な占術とは大きく異なります。

チャネリングができるかどうかは先天的な資質によるところが大きく適性がないと修得するまでに非常に苦労しますが、適性の高い人は生まれながらにして未知の存在との交信を無意識のうちに行うこともあります。

チャネリングは精神を集中し精神波や思念を利用して未知なる存在との交信を試みます。

交信の対象となる超越的存在もひとつではありません。

神や天使といった宗教的な存在の場合は宗教儀式や礼拝を通じて交信が行われることが多く、高次元生命体や宇宙人などは思念増幅装置など科学技術的なアプローチが重視されます。

実際の交信方法としては心に情報が浮かび上がる、無意識の自動筆記、トランス状態での発言、絵画や彫刻等実に様々です。

漠然とした情報がもたらされることも多く、チャネリングで得た情報をどう解釈するかも占いの精度に強く影響します。

チャネリングの歴史

人の心を通じて異なる存在と交信するチャネリングは人類の歴史中でも最も古くから行われている占いのひとつです。

古来の占いでは儀式や催事を通じてトランス状態となりその身に異なる存在を宿すという降霊術に近い方法がよく用いられていましたが、この方法は現在のチャネリングの源流にあたるものです。

作物の出来や天候、戦争の勝敗など人々の営みに大きく関わる重大事を占う方法として用いられてきた降霊術ですが、時代が下るとともに人と異なる存在を下ろすことなく持てる知識や情報を引き出すことはできないかと考えられるようになりました。

チャネリングは言わば知識や情報のみをこの世に現出させるための技術です。

占い師の思念や波動を通じて上位存在との交信に成功したことで占意図してのチャネリングに大きな注目が集まりました。

その後チャネリングは戦後にブームとなったニューエイジ思想に取り入れられることで広く一半に認知されるようになり現在に至っています。

チャネリングで占えること

チャネリングは人間よりも上位に存在する知性体と交信する占術です。

チャネリングの大きな特徴は現在の人類よりもはるかに進んだ知識や技術が占いに反映されることにあります。

チャネリングは運勢や運命のような曖昧なものではなく高度な知性のみが持ちえる技術や知識にふれられます。

チャネリング出えた知識や技術を活用して大きな成功を収めて歴史的人物は少なくありません。

人類の発展の影にはチャネリングがあったと考える人もいるほどです。

チャネリング個人の将来や運勢など個別的なことよりも時代の流れや技術の進歩など大局的なことを占うのに向いている占術です。

実際の占いでは大局的な情報を元にして個人の運勢を占うので個人的な相談でもかなりの精度は期待できますが、本領を発揮するのは人類全体に影響するような大きな対象の占いです。

タイトルとURLをコピーしました